トップ «準々決勝: 有留知広 vs 三田村和弥 最新 準決勝: 有留知広 vs 樽元気»

Lord of Magic Championships 2005


準々決勝: 多賀洋輔 vs 川久保拓也

Written by Satoshi Miyamoto

東京で開催されているリバーサイド杯で権利を獲得した多賀洋輔。リバーサイド杯は、構築重視、むしろスタンダード偏重という日本のトーナメントの中では珍しく、リミテッドのブースタードラフトで予選を開催している大会だ。

かたや、川久保拓也は東京で開催されている Five Dragons Cup で権利を獲得した。Five Dragons Cup は月一でコンスタンツに 80 人の参加者を集めている大規模なスタンダードの大会であり、最強位決定戦という意味ではリミテッドのエキスパートと構築のエキスパートが対決するのは非常におもしろい。

だが、決勝ラウンドは構築だ。普通に考えれば構築のエキスパートである川久保の方に分があるわけだが。はたして、さいの目はどう出るか。

Game 1

多賀洋輔

川久保の《梅澤の十手/Umezawa's Jitte》を多賀が《マナ漏出/Mana Leak》するところからゲームはスタートする。

アグレッシブに多賀は《清麻呂の末裔/Descendant of Kiyomaro》を 3 ターン目に登場させるが、これは《化膿/Putrefy》でご退場することに。だが、すぐに後続として《曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror》を送り込んだ。

渋い顔をした川久保はここで《桜族の長老/Sakura-Tribe Elder》から《山/Mountain》を持ち出し、《メロク》への対抗策として《山賊の頭、伍堂/Godo, Bandit Warlord》をプレイ。

そしてデッキから装備品をサーチし……

川久保「ありませんでした」

と、多賀にデッキを渡しカットを求めた。ん、それってつまり手札にあるということか?

それを見た多賀は《メロク》で攻撃を開始。川久保の《伍堂》に対しては《返礼/Reciprocate》を、案の定、手札から出てきた《龍の牙、辰正/Tatsumasa, the Dragon's Fang》《邪魔/Hinder》でボトムにご退場していただいた。そして《メロク》が一気にトークンを沸かせて本丸を攻め落とさんとするのだが、そこには《忌まわしい笑い/Hideous Laughter》が飛んできて、そううまくはいかない。

そして《メロク》には《化膿》を飛ばし、続けざまに《花の神/Hana Kami》をプレイした。目前の脅威を排除することに成功するも、川久保に残されたライフは 5。しかし、川久保はここから強烈な戦いぶりを見せる。

《花の神》は実は《鬼の下僕、墨目/Ink-Eyes, Servant of Oni》を忍術し、多賀の墓地から《曇り鏡のメロク》を釣りあげ、たまらず多賀は《物語の円/Story Circle》をプレイし、少し考えたうえで黒を指定した。

Compulsive Research

ならば、と川久保は《メロク》でトークンを産み出すが、多賀の《神の怒り/Wrath of God》が炸裂。さらに《呪師の弟子/Jushi Apprentice》で手札の補充に入るのだが、こちらもすぐに川久保の《初めて苦しんだもの、影麻呂/Kagemaro, First to Suffer》でリセットがかかる。

さらに追い討ちをかけるように《霊光の追跡者/Ghost-Lit Stalker》を魂力。多賀が補充した手札を一気にもぎ取るが、《強迫的な研究/Compulsive Research》プレイがそれを帳消しにし、そのドローでまた《強迫的な研究》を引き込んで即プレイ。結局、このターンに都合 7 枚ものカードを引くことになった。

しかし、多賀は急ぎすぎたのだ。このターンに 7 枚のカードを引いた代わりにカウンターするマナが残せなかった多賀は、その大きすぎる隙をついて川久保が送り込んだ《夜陰明神/Myojin of Night's Reach》を前に大きく目を開き、投了を宣言するより他なかった。

多賀 0 - 1 川久保

Game 2

一気に勝負を決めたい川久保だが、ここで痛いダブルマリガン。さらに土地が 2 枚でとまってしまう。

多賀は順調に《強迫的な研究》で掘り進み。さらに《象牙の仮面/Ivory Mask》を。そして《曇り鏡のメロク》へ。

川久保はその隙に《桜族の長老》で 3 枚目の土地を持ってきて、さらに《木霊の手の内/Kodama's Reach》でマナを伸ばそうとするのだが、《水面院の翻弄/Minamo's Meddling》によりカウンターされてしまう。

そこで、川久保の手札を見た多賀の顔色が変わる。


《鬼の下僕、墨目》

《初めて苦しんだもの、影麻呂》

《けちな贈り物/Gifts Ungiven》

《曇り鏡のメロク》

《夜陰明神》

《死の溜まる地、死蔵/Shizo, Death's Storehouse》


ラインナップとしては結構、なんでも死ねそうかも。

最初の脅威は《鬼の下僕、墨目》。忍術で出てきたところを《貪る光/Devouring Light》で処理。次なる脅威は《曇り鏡のメロク》。これは《邪魔》でライブラリーの底へと行ってもらうことに。

そして、さらなる脅威は《初めて苦しんだもの、影麻呂》

……はいどうぞ。

え、いいの? これ、通っちゃっていいの?

結構あきらめモードに入っていた川久保なのだが、俄然やる気を出しちゃう。通しちゃった多賀はというと「そのカードは見たじゃーん、俺ダメじゃーん」と意気消沈。

しかし、やはりマナ不足が響き展開が続かない。川久保は、さらに《初めて苦しんだもの、影麻呂》《桜族の長老》とを場に送り込んで戦いを優位に進めようとするが、その《影麻呂》は《信仰の足枷/Faith's Fetters》され、続いて《曇り鏡のメロク》を召喚されると、ハンドの中に《メロク》を対処できる方法がないのを確認して静かにカードを片付けた。

多賀 1 - 1 川久保

Game 3

このゲームのファーストアクションは多賀の 3 ターン目《清麻呂の末裔》。1 ゲーム目とは違い、プレイするかどうか悩んだようだが。しかしノータイムで《化膿》が飛んでくる。

カウンターマナがない今がチャンスと川久保は《梅澤の十手》《花の神》と出してターンを返す。

そしてふたたび多賀の場に《清麻呂の末裔》が出現。が、《化膿》がしっかりとキャッチ。川久保は《花の神》で攻撃を開始し《十手》にカウンターを蓄積しようと試みるが、あわれ《花の神》はたった一度で《返礼》されることになる。

ここで撃たれた川久保が確認をする。

川久保拓也

《返礼》は(こちらの)ターンエンドですよね?」

そこで多賀が「やっちゃったーっ」と天をあおいだ。《十手》にカウンターが乗ることはスタックに乗るので、そこで《返礼》をキャストすれば《花の神》はゲーム外に送り込めたのだ。もちろん《花の神》はゲーム外ではなく、《十手》のカウンターを消費して墓地へ向かう。

あらためて川久保は《桜族の長老》を戦線へと送り込んだ。土地を出すのではなく、《十手》所持の戦闘要因として。だが、多賀はすぐに気を取り直し、《十手》に《信仰の足枷》を貼り付けた。

ならば、と川久保は《曇り鏡のメロク》を召還するが、これには多賀も《メロク》を呼ぶことで対消滅させて対処。川久保の《メロク》は対消滅する前に 1 体のトークンを産み出した。そして、対消滅した直後のターン、《死の否定/Death Denied》で墓地から《メロク》と《花の神》を回収し、《花の神》を戦線に加えた。

そのまま、この 1/1 のピグモンたちで殴ること数回、何かできるならやればいいさ、やれば《メロク》をプレイするけどな。とプレッシャーを与える川久保。

ピグモンたちに殴られること数回、多賀は《呪師の弟子》という軽くてブロッカーという理想的なものを引きあてた。

しかし、《鬼の下僕、墨目》が忍術で登場。墓地から《曇り鏡のメロク》を釣り上げた。

多賀の手札とライブラリーのトップには川久保の攻勢への解決策である《神の怒り》はなかったのであった。

多賀 1 - 2 川久保


Final Result : Winner is 川久保拓也

BU - Taga Yousuke / Lord of Magic Championships 2005
 4  清麻呂の末裔/Descendant of Kiyomaro
 3  曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror
 1  呪師の弟子/Jushi Apprentice

8 Creatures 4 邪魔/Hinder 4 マナ漏出/Mana Leak 4 強迫的な研究/Compulsive Research 4 神の怒り/Wrath of God 3 返礼/Reciprocate 2 差し戻し/Remand 2 物語の円/Story Circle 1 野の源獣/Genju of the Fields 1 巻き直し/Rewind 1 象牙の仮面/Ivory Mask 1 信仰の足枷/Faith's Fetters 1 貪る光/Devouring Light
28 Spells 11 島/Island 9 平地/Plains 4 アダーカー荒原/Adarkar Wastes
24 Land 60 Total Cards
 3  天羅至の掌握/Terashi's Grasp
 2  疑念の影/Shadow of Doubt
 2  黒の防御円/Circle of Protection: Black
 2  赤の防御円/Circle of Protection: Red
 2  呪師の弟子/Jushi Apprentice
 2  不忠の糸/Threads of Disloyalty
 1  信仰の足枷/Faith's Fetters
 1  水面院の翻弄/Minamo's Meddling

15 Sideboard Cards
Gifts Ungiven - Kawakubo Takuya / Lord of Magic Championships 2005
 4  桜族の長老/Sakura-Tribe Elder
 3  初めて苦しんだもの、影麻呂/Kagemaro, First to Suffer
 2  山賊の頭、伍堂/Godo, Bandit Warlord
 1  花の神/Hana Kami
 1  北の樹の木霊/Kodama of the North Tree
 1  曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror
 1  霊光の追跡者/Ghost-Lit Stalker
 1  鬼の下僕、墨目/Ink-Eyes, Servant of Oni
 1  夜の星、黒瘴/Kokusho, the Evening Star
 1  夜陰明神/Myojin of Night's Reach

16 Creatures 2 師範の占い独楽/Sensei's Divining Top 1 梅澤の十手/Umezawa's Jitte 1 龍の牙、辰正/Tatsumasa, the Dragon's Fang 4 木霊の手の内/Kodama's Reach 4 けちな贈り物/Gifts Ungiven 4 化膿/Putrefy 1 魂無き蘇生/Soulless Revival 1 御霊の復讐/Goryo's Vengeance 1 死の否定/Death Denied 1 忌まわしい笑い/Hideous Laughter 1 摩滅/Wear Away
21 Spells 5 森/Forest 2 沼/Swamp 1 島/Island 1 山/Mountain 4 ラノワールの荒原/Llanowar Wastes 2 ヤヴィマヤの沿岸/Yavimaya Coast 3 草むした墓/Overgrown Tomb 3 湿った墓/Watery Grave 1 先祖の院、翁神社/Okina, Temple to the Grandfathers 1 死の溜まる地、死蔵/Shizo, Death's Storehouse
23 Land 60 Total Cards
 2  疑念の影/Shadow of Doubt
 2  忌まわしい笑い/Hideous Laughter
 2  撲滅/Eradicate
 2  引き裂く蔦/Rending Vines
 1  曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror
 1  大牙の衆の忍び/Okiba-Gang Shinobi
 1  北の樹の木霊/Kodama of the North Tree
 1  夜の星、黒瘴/Kokusho, the Evening Star
 1  頭蓋の摘出/Cranial Extraction
 1  霊光の追跡者/Ghost-Lit Stalker
 1  死の否定/Death Denied

15 Sideboard Cards
Tags: Report

編集