トップ «準々決勝: 八十岡翔太 vs 有田隆一 最新 準々決勝: 多賀洋輔 vs 川久保拓也»

Lord of Magic Championships 2005


準々決勝: 有留知広 vs 三田村和弥

Written by Yoshiya Shindo

有留(青黒コントロール) vs 三田村(けちコン)

スイスラウンドを 1 位通過の有留と対戦するのは、ラスト粘って 8 位に滑り込んだ昨年優勝の三田村の戦い。三田村にとっては、連覇を賭けて絶体絶命の状態から、掴み取ったプレーオフ。これを生かさない手は無い。このまま一気に覇道を往く。

それとも、有留が GP 新潟 2 位の勢いそのままに、ディフェンディングチャンピオンを飲み込むか。

Game 1

有留知広

有留先攻。お互いゆっくりした立ち上がりが動いたのは、有留 5 ターン目の《巻物の君、あざみ/Azami, Lady of Scrolls》から。相手のフルタップに三田村はすかさず X = 2 の《不快な群れ/Sickening Shoal》を撃つが、有留はそれをさらに《巻き直し/Rewind》をリムーブした《撹乱する群れ/Disrupting Shoal》で打ち消す。三田村は次のターンに《夜の星、黒瘴/Kokusho, the Evening Star》リムーブの《不快な群れ》で結局《巻物の君、あざみ》を倒すのだが、頭っから火花の飛ぶ攻防だ。

さらに三田村は《曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror》を場に出すが、返す有留もフルタップで《潮の星、京河/Keiga, the Tide Star》と負けていない。

次のターン、三田村が《曇り鏡のメロク》を起動すると、エンドに有留が《曇り鏡のメロク》《ブーメラン/Boomerang》。三田村はトークンをさらに 2 個追加する。

有留の《潮の星、京河》をトークンでチャンプした三田村は、エンドに《けちな贈り物/Gifts Ungiven》を撃つがこれは有留《巻き直し》。メインに戻って三田村が《夜の星、黒瘴》をプレイすると、有留が何とこれを《抗い難い知力/Overwhelming Intellect》

三田村「おー、負けたっ」

6 枚ドローした有留は、2 マナ残して悠々と《曇り鏡のメロク》

しかしその返し、駄目もとで三田村がプレイした《夜陰明神/Myojin of Night's Reach》が通ってしまう。有留はアップキープに《忌まわしい笑い/Hideous Laughter》をプレイしてカウンターを使わせることを強制しドローは確保。そして捨てたカードを見てみるとこれがまあ土地ばかり。


三田村「カウンター、マジ引いてないのか」

有留「ライブラリーに残してあるんですよ(笑)」


有留は《潮の星、京河》で攻撃に行く。

三田村はドローして悩むが、結局《曇り鏡のメロク》を出して対消滅する道を選ぶ。有留はトークンを出して対応。有留は攻撃後に《巻物の君、あざみ》を出して即ドローも、これにスタックで対象《巻物の君、あざみ》《不快な群れ》に連繋《魂無き蘇生/Soulless Revival》《夜の星、黒瘴》を戻し、それを次のターンに場に出す三田村。

三田村の場には《先祖の院、翁神社/Okina, Temple to the Grandfathers》があって、殴るのはいささか有留に分が無い。

ここからドローゴーがしばらく続くが、有留が《真髄の針/Pithing Needle》《先祖の院、翁神社》を止め、いよいよトークンと《潮の星、京河》で攻めに出る。《潮の星、京河》《夜の星、黒瘴》でブロックされるが、抜けたトークンの正体が実は《鬼の下僕、墨目/Ink-Eyes, Servant of Oni》! 三田村も《化膿/Putrefy》を撃つが、これは《巻き直し》。ダメージが通り伝説の龍も相打ちとなるが、《夜の星、黒瘴》が冒涜の力で有留の元に光臨する。

必死の三田村がエンドに《けちな贈り物》を撃つとこれが通る。持ってきたのが《鬼の下僕、墨目》《初めて苦しんだもの、影麻呂/Kagemaro, First to Suffer》《化膿》《御霊の復讐/Goryo's Vengeance》で、伝説 2 体が選ばれて手札に入る。

三田村のターン。《初めて苦しんだもの、影麻呂》《邪魔/Hinder》。さらにもう一体《初めて苦しんだもの、影麻呂》もさらに《邪魔》! 有留のマナがフルタップしたところで、三田村はさらに意地の《花の神/Hana Kami》から《御霊の復讐》を拾ってプレイするも、そこに飛んできたのが《マナ漏出/Mana Leak》リムーブの《撹乱する群れ》

完璧に対応された三田村に、もう打つ手は無かった。

有留 1 - 0 三田村

Game 2

三田村和弥

後攻有留は 2 ターン目にいきなり《呪師の弟子/Jushi Apprentice》。返す三田村はマナを伸ばすことしかできない。なんとか対応しようと出した《初めて苦しんだもの、影麻呂》《邪魔》されてしまう。結局次のターンに《呪師の弟子》ドローにスタックで《化膿》してなんとか排除にこぎつける。

ここからしばらく両者ドローゴーで、動いたのは有留の《迫害/Persecute》。コール黒で三田村の手札を開くと。あるのは《死の否定/Death Denied》と土地が 3 枚。渾身のブラフも明かされてしまえば悲しいもの。

そしてふたたびドローゴータイムに入り、またしても有留が先に動く。まずは《真髄の針》《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》を指定して動きを縛り、しかる後にふたたびの《迫害》でコール黒。手札からは《夜の星、黒瘴》《御霊の復讐》が落ちる。

三田村は残った《けちな贈り物》をエンドに撃つが、有留は落ち着いて《疑念の影/Shadow of Doubt》でサーチを禁止する。三田村がさらに自分のターンで出してきた《曇り鏡のメロク》《霊魂放逐/Remove Soul》で打ち落とす。

そして回ってきた有留のターン。登場したのは《ディミーアのドッペルゲンガー/Dimir Doppelganger》! 三田村のエンドに、こいつはまず《曇り鏡のメロク》の形をとり、トークンを生み出してからさらに《夜の星、黒瘴》へと変化していく。有留の総攻撃の時間だ。

三田村は最後の一太刀と、有留のアップキープに《ディミーアのドッペルゲンガー》《化膿》を飛ばすが、これが《巻き直し》されたところで負けを認めた。

有留 2 - 0 三田村

Final Result : Winner is 有留!

Tags: Report

編集