トップ «準々決勝: 須藤琢夫 vs 樽元気 最新 準々決勝: 有留知広 vs 三田村和弥»

Lord of Magic Championships 2005


準々決勝: 八十岡翔太 vs 有田隆一

Written by Yusuke Yoshikawa

「今までベスト 8 で 2 回死んでる」とは有田。

もちろん、「ヤソコン」で知られる八十岡も内心期するものがあるだろう。

今二人が手にするは、まさにその「ヤソコン」。

75 枚同じのコンプリート・ミラーマッチである。

ミスをしないのは当然のこと。その上で、幸運の女神を味方につけられるのはどちらだろうか。

Game 1

八十岡翔太

互いに《呪師の弟子/Jushi Apprentice》を第 2 ターンに送る立ち上がり。やることがわかっているのでテンポよくゲームが進むが、先に土地が止まってしまったのは八十岡。

先んじる形となった有田が、八十岡が《呪師の弟子》でドローする隙にこれを《ブーメラン/Boomerang》してカウンターしようとするが、これは《撹乱する群れ/Disrupting Shoal》で成就しない。

そこから、有田が仕掛け八十岡が受ける形が続く。

《潮の星、京河/Keiga, the Tide Star》《曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror》《呪師の弟子》を《忌まわしい笑い/Hideous Laughter》で流し、《巻物の君、あざみ/Azami, Lady of Scrolls》、果ては土地に至るまで、レジェンド・ルールでつぶしあう。


いつしか土地がずらりと並ぶ場になった。

こうなった場合、勝負を決めるものは一体何なのか?


デッキの内容が違う場合、それはデッキに搭載されたカウンターの厚みであったりするのだが、この場合デッキは全く同じ。ならば違うのはドローしかなく、それを見越した仕掛けどころが全てを分ける。

《巻物の君、あざみ》でカウンターをあぶりあった後、互いの墓地をチェックして残りカードを推測する。そして《真髄の針/Pithing Needle》は自分が引ききったカードをそれぞれ指定するようになる。

有田は《巻物の君、あざみ》を、八十岡は《曇り鏡のメロク》を指定した。

八十岡はドローがやや多かった有田のライブラリ差で勝つ算段か。

かと思えば、今自分で禁止したばかりの《曇り鏡のメロク》をプレイしてみたりする八十岡。


その答えはじきに分かることになる。

《鬼の下僕、墨目/Ink-Eyes, Servant of Oni》だ。


忍術はカウンターできない。《ブーメラン》は有限だ。ある程度時間が経てば、クリーチャーを通すことは、すなわち致命的な《鬼の下僕、墨目》を許すことになりかねない。

しかもライブラリで負けている以上、有田は動いていかざるを得ない。

だが、有田の《鬼の下僕、墨目》《霊魂放逐/Remove Soul》でカウンターされ、逆に八十岡の《鬼の下僕、墨目》が通っては、どうしようもなかった。

《霊魂放逐》引かんねー」と有田。

八十岡 1 - 0 有田

Game 2

またも第 2 ターン《呪師の弟子》から発進の有田だが、これは《撹乱する群れ》に阻まれる(コスト《ブーメラン》)。

今度も静かな展開かと思われたが、第 6 ターンに有田が《呪師の弟子》。これは通るが、返しのターンが今回の天王山。

八十岡《不忠の糸/Threads of Disloyalty》→有田《巻き直し/Rewind》

さらに八十岡《不忠の糸》→さらにさらに、有田《巻き直し》

返しに有田《迫害/Persecute》

これで一気に優位に立ち、《潮の星、京河》《巻物の君、あざみ》《呪師の弟子》と出して圧勝。

八十岡 1 - 1 有田

Game 3

青コントロールのミラーマッチだが、両者のプレイングが恐ろしく速いため、それほど時間を感じない。

気づけば天王山の第 3 ゲームだ。


有田隆一

今回は序盤に動きなし。

中盤に何かあるとすれば、どちらかのマナベースが伸びないこと。リアクションは(原則的に)マナに依存し、直接的にはマナを伸ばす手段が青にはない以上、そこは最低限の基礎リソースなのだ。

参考までに書けば、それを防ぐために、ミラーマッチでは土地を増やしたりする作戦もありうる。


そして今回、それが八十岡に襲い掛かる。土地が 4 枚で止まってしまったのだ。

だが有田の動きが良いというわけでもなく、彼の初動は《ディミーアのドッペルゲンガー/Dimir Doppelganger》

「……?」という雰囲気が流れるが、これは通されて《最後の喘ぎ/Last Gasp》で退場。


動いてもらった以上、返しで八十岡も動く。

八十岡《迫害》→有田《マナ漏出/Mana Leak》

→八十岡《撹乱する群れ》(コスト:《呪師の弟子》

これが通って有田のカードが墓地へとなだれ込んでいく。八十岡にとって気になるのは、そのカード群がいまひとつ弱いものであったことと、残った 1 枚のカードか。


返すターン、有田の手には《鬼の下僕、墨目》。場には土地 5 枚。

「ランドランド~♪」と有田。

……しかし引いたのは土地ではなく、勝負はしばらく続行することに。


ふたたび戦力補充のお時間。

致命的な《迫害》が通ったにもかかわらず、いつしか状況はいつものとおり。これも「《海の中心、御心/Mikokoro, Center of the Sea》つえー」(有田)のおかげか。


機がじゅうぶん熟すと、ふたたび五分になった場をめぐり、もう一度 2 人が動く。

八十岡の《呪師の弟子》→これは通る。


ターンが変わって、

有田はこれに《不忠の糸》→八十岡《邪魔/Hinder》


続けて有田は本命の《迫害》→八十岡《邪魔》→有田《撹乱する群れ》(コスト《ディミーアのドッペルゲンガー》)→これを解決してから八十岡《撹乱する群れ》(コスト《巻き直し》)→これに有田《邪魔》→結局《迫害》が通る。


八十岡の手から《邪魔》《巻き直し》が落ち……彼がカウンターをほぼ引ききっていたことが明らかになった。

しかし八十岡の返しのドローは……値千金の《ディミーアのドッペルゲンガー》! 即座に《巻物の君、あざみ》に変身し、ドローを進める。

Dimir Doppelganger

その隙にと有田の《鬼の下僕、墨目》が通るが、《ディミーアのドッペルゲンガー》の能力がそれを封じる。つまり、能力の対象にとられたクリーチャーを《ディミーアのドッペルゲンガー》で消せばいいわけだ。

さらに八十岡は勝負の《曇り鏡のメロク》! たとえ今引いたカードでカウンターされようとも、《ディミーアのドッペルゲンガー》が控えるこの状況ならそれは通ったのと同じこと。

だが有田の引き当てていたカードは、どこまでも状況に沿いすぎていた。


《邪魔》


さらに有田は《最後の喘ぎ》を引き当てて《ディミーアのドッペルゲンガー》の除去に成功。これを自陣に加えると、あっという間の大逆転。

さらにトップから《潮の星、京河》を引き当てて、八十岡に迫る。

自信を持って組み上げたデッキ。その最大の敵は、75 枚同じカードで構成されたデッキだったというわけだった。

八十岡 1 - 2 有田


さて懸案の準々決勝を突破した有田。

同じデッキを使う有留とともに、「ヤソコン」の強さをさらに示すべく王座に挑む。

Ryuichi Arita defeats Shota Yasooka, advance to semifinal.

Last Moment - Yasooka Shota / Lord of Magic Championships 2005
 4  呪師の弟子/Jushi Apprentice
 3  巻物の君、あざみ/Azami, Lady of Scrolls
 2  曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror
 1  潮の星、京河/Keiga, the Tide Star
 1  鬼の下僕、墨目/Ink-Eyes, Servant of Oni

11 Creatures 2 真髄の針/Pithing Needle 4 邪魔/Hinder 3 巻き直し/Rewind 3 撹乱する群れ/Disrupting Shoal 3 ブーメラン/Boomerang 3 マナ漏出/Mana Leak 2 霊魂放逐/Remove Soul 1 抗い難い知力/Overwhelming Intellect 3 忌まわしい笑い/Hideous Laughter
24 Spells 9 島/Island 4 沼/Swamp 4 地底の大河/Underground River 4 湿った墓/Watery Grave 1 水辺の学舎、水面院/Minamo, School at Water's Edge 1 死の溜まる地、死蔵/Shizo, Death's Storehouse 1 雲の宮殿、朧宮/Oboro, Palace in the Clouds 1 海の中心、御心/Mikokoro, Center of the Sea
25 Land 60 Total Cards
 3  不忠の糸/Threads of Disloyalty
 3  最後の喘ぎ/Last Gasp
 3  疑念の影/Shadow of Doubt
 2  迫害/Persecute
 2  ディミーアのドッペルゲンガー/Dimir Doppelganger
 1  潮の星、京河/Keiga, the Tide Star
 1  抗い難い知力/Overwhelming Intellect

15 Sideboard Cards
Yasocon - Arita Ryuichi with Yasooka Shota / Lord of Magic Championships 2005
 4  呪師の弟子/Jushi Apprentice
 3  巻物の君、あざみ/Azami, Lady of Scrolls
 2  曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror
 1  潮の星、京河/Keiga, the Tide Star
 1  鬼の下僕、墨目/Ink-Eyes, Servant of Oni

11 Creatures 2 真髄の針/Pithing Needle 4 邪魔/Hinder 3 巻き直し/Rewind 3 撹乱する群れ/Disrupting Shoal 3 ブーメラン/Boomerang 3 マナ漏出/Mana Leak 2 霊魂放逐/Remove Soul 1 抗い難い知力/Overwhelming Intellect 3 忌まわしい笑い/Hideous Laughter
24 Spells 9 島/Island 4 沼/Swamp 4 地底の大河/Underground River 4 湿った墓/Watery Grave 1 水辺の学舎、水面院/Minamo, School at Water's Edge 1 死の溜まる地、死蔵/Shizo, Death's Storehouse 1 雲の宮殿、朧宮/Oboro, Palace in the Clouds 1 海の中心、御心/Mikokoro, Center of the Sea
25 Land 60 Total Cards
 3  不忠の糸/Threads of Disloyalty
 3  最後の喘ぎ/Last Gasp
 3  疑念の影/Shadow of Doubt
 2  迫害/Persecute
 2  ディミーアのドッペルゲンガー/Dimir Doppelganger
 1  潮の星、京河/Keiga, the Tide Star
 1  抗い難い知力/Overwhelming Intellect

15 Sideboard Cards
Tags: Report

編集