トップ «ラウンド 12: 三田村和弥 vs 石村信太郎 最新 Top 8 Decks»

Lord of Magic Championships 2005


ラウンド 12: 石川錬 vs 森勝洋

Written by Satoshi Miyamoto

LoM は奇跡が起きるイベントだ。

ドラフトだけの成績か構築だけの成績で 1 位になれば 1 Box の特別賞が出るため、決勝ラウンドに残るのが確定していても試合が行われる場合がある。

本来なら予選ラウンドは上位卓で ID して終わる試合が、ID されずに試合が行われるケースもある。本来なら決勝ラウンドに残らないと思われるこの二人も、奇跡が起これば決勝ラウンドに進めるかも知れないのだ。

赤白ウィニーには負けないという黒緑コントロールの石川と、そのお客さんだと言う赤白ウィニーを使う森。


勝利の女神はどちらに微笑むのか?

そして奇跡は起きるのか?

Game 1

森勝洋

マリガンから、《草むした墓/Overgrown Tomb》《極楽鳥/Birds of Paradise》《ウッド・エルフ/Wood Elves》《忌まわしい笑い/Hideous Laughter》《疫病沸かし/Plague Boiler》《空を引き裂くもの、閼螺示/Arashi, the Sky Asunder》というハンドでキープを宣言した石川。

森は《灯籠の神/Lantern Kami》から、さらに《陽光尾の鷹/Suntail Hawk》《灯籠の神》を戦線に加える。

最初のドローで土地は引けなかったものの次のドローで土地を引き、《ウッド・エルフ》から土地を調達してきた石川。森はさらに《八ツ尾半/Eight-and-a-Half-Tails》《サバンナ・ライオン/Savannah Lions》とプレイしたのだが、石川の《忌まわしい笑い》によって一掃させてしまう。

石川は続けて《空を引き裂くもの、閼螺示》《疫病沸かし》とをプレイし、《閼螺示》は火力によって打ち落とされたものの、見えているリセットのおかげで森はカードを展開することができない。

そして 3 ターンの後、事件は起きた。


森「それ壊れるでしょ?」

石川「壊れないよ」

森「え、ちょっとカード見せてよ」


先取りスタンダード。そして、お祭りならではのハプニング。森が《疫病沸かし》のカードの効果を誤認していたのだ。

石川「 3 ターン後に壊れたらさすがに弱いでしょ」

そら、まったくで。

石川 1 - 0 森

Game 2

石川錬

今回は仲良くふたりでワンマリガンずつ。

森は《サバンナ・ライオン》《名誉の手/Hand of Honor》《空騎士の軍団兵/Skyknight Legionnaire》と立て続けて連打し、先ほどのうっぷんを晴らすかのごとく、ビートビートと攻め立てたのだが、またしても《忌まわしい笑い》で場が一掃されてしまう。

そして石川の《空を引き裂くもの、閼螺示》をプレイで、森は石川のライフを 10 点も削れぬうちに火力頼みとなってしまった。

あとはそのまま。石川は《先祖の院、翁神社/Okina, Temple to the Grandfathers》をバックアップにした《閼螺示》で殴り続けて勝利を掴んだ。

石川 2 - 0 森

Final Result : Winner is 石川錬

Tags: Report

編集