トップ «ラウンド 9: 藤本太一 vs 相澤恵司 最新 ラウンド 10: 中村修平 vs 有田隆一»

Lord of Magic Championships 2005


ラウンド 9: 鍛冶友浩 vs 有田隆一

Written by Yoshiya Shindo

2 人合わせて魔法使いレベルが 8 という豪快な対戦も、今回のドラフトはうまくいっていないようで、有田が 1 - 1、鍛冶はバイの後 0 - 1 らしい。そういうこともあるのがマジックだし。

デッキは 2 人ともボロス軍。ただし鍛冶はタッチ緑青。

Game 1

有田隆一

先手鍛冶はマリガンスタートだが、2 ターン目に《古参兵の武具師/Veteran Armorer》とまあまあ。有田も 2 ターン目に《雷楽のラッパ吹き/Thundersong Trumpeter》を出すが、これはすぐさま《稲妻のらせん/Lightning Helix》の餌食に。《古参兵の武具師》が殴れば、有田も上空から《空騎士の軍団兵/Skyknight Legionnaire》で殴り合いに持ち込み、さらに鍛冶が《セレズニアの印鑑/Selesnya Signet》しか出せないのに対し、有田は《オルドルーンの猛士/Ordruun Commando》で前向き。《平地》も並んでいるのでこれは強力だ。

鍛冶は悩んで《古参兵の武具師》で攻撃すると有田はスルー。鍛冶はさらに《ウォジェクの燃えさし魔道士/Wojek Embermage》を投入する。有田はかまわず《オルドルーンの猛士》《空騎士の軍団兵》でどんどん殴り続ける。

耐える鍛冶は、《オーラ掠りの魔道士/Auratouched Mage》から《空想の飛行/Flight of Fancy》を持ってきて弾を補充し、攻撃に行かずにゴー。

有田は《オルドルーンの猛士》のみで攻撃(《平地》は 4 枚)。鍛冶は《オーラ掠りの魔道士》でチャンプする。有田はセット《平地》で返しで《オルドルーンの猛士》が死なないようにして終了。

さらに何もせず終了した鍛冶に対し、有田は《オルドルーンの猛士》《空騎士の軍団兵》で殴りかかる。しかし鍛冶もただマナを残していたわけではなく、《緊急徴兵/Flash Conscription》《空騎士の軍団兵》を奪ってブロック。もっとも《オルドルーンの猛士》へのダメージは軽減されてしまうからライフも回復せずちょっとしょんぼり。

鍛冶は《古参兵の武具師》で攻撃し、《急使の鷹/Courier Hawk》を出し、さらに《議事会の乗馬兵/Conclave Equenaut》を召集。一方の有田も《オルドルーンの猛士》で殴って《ゴブリンの洞窟探検家/Goblin Spelunkers》を出す。

ここで有田がぼやく。

《稲妻のらせん》強いなー。《稲妻のらせん》の分でダメージレースがめっちゃきつくなるよぉ」

そう。ここまで読んできてお分かりのように、有田が圧倒的に殴りかかっているにもかかわらず、実は双方のライフは鍛冶 9 に対し有田 12。ほとんど差が無いのだ。それもこれも《稲妻のらせん》の 3 点回復分が大きい。有田がぼやくのも良く分かる。

鍛冶は一気に《急使の鷹》《議事会の乗馬兵》《古参兵の武具師》で攻撃。有田が《古参兵の武具師》《ゴブリンの洞窟探検家》でブロックすると、手札から《いかさま師の刃/Grifter's Blade》が飛んできて《ゴブリンの洞窟探検家》死亡。有田残り 8 ライフ。

有田の《オルドルーンの猛士》《急使の鷹》がチャンプ。さらに《大いなる溶鉄の精/Greater Forgeling》を出すが、鍛冶がカードを確認しようとすると「大きくなるヤツやけど、それ(《ウォジェクの燃えさし魔道士》)あるから無駄やけどね」。悲しいかも。

《いかさま師の刃》を装備した《議事会の乗馬兵》が殴りだすと、有田もダメージレースを出し抜くべく《信仰の足枷/Faith's Fetters》《議事会の乗馬兵》へ。

と思ったら、鍛冶の手から《照らす光/Bathe in Light》

有田「《稲妻のらせん》分で負けたー!」

鍛冶 1 - 0 有田


シャフルしながらの二人の会話。


有田「 4/1 (《オルドルーンの猛士》)、なかなかやりおるね」

鍛冶「結構コアなファンがいますよね」


コアって何だよ(苦笑)。

Game 2

先攻の有田は、2 ターン目《売剣の粗暴者/Sell-Sword Brute》、3 ターン目《野良剣歯猫/Sabertooth Alley Cat》と順調な立ちあがり。一方の鍛冶も《セレズニアの印鑑》経由の《ヴィーアシーノの牙尾/Viashino Fangtail》とまずまず。

有田はかまわず両方で殴りかかり、鍛冶も怪しんでスルー。しかしここで有田が不満顔。土地が《山》 2 枚と《軍の要塞、サンホーム/Sunhome, Fortress of the Legion》で止まってしまったのだ。

一方の鍛冶は順調に土地を伸ばし、《ゴブリンの洞窟探検家》を出す。有田のダブル攻撃には、《売剣の粗暴者》《ゴブリンの洞窟探検家》で相打ちに取り、《野良剣歯猫》《ヴィーアシーノの牙尾》で射殺。まだ土地の出ない有田は《ゴブリンの洞窟探検家》を出してゴー。

鍛冶がこの《ゴブリンの洞窟探検家》《火花魔道士の弟子/Sparkmage Apprentice》《ヴィーアシーノの牙尾》で殺せば、やっぱり土地を引かない有田は《火花魔道士の弟子》で《火花》を撃墜。さらに鍛冶は《ヴィーアシーノの牙尾》《空想の飛行》で手札も余裕。

鍛冶友浩

しかし、有田ここでやっと《平地》を引く。すかさず《ヴィーアシーノの牙尾》《信仰の足枷》。鍛冶は《オーラ掠りの魔道士》を出すが、ライブラリーから何も探さずゴー。有田も《オルドルーンの猛士》を呼び出す。

鍛冶はかまわず《オーラ掠りの魔道士》を突っ込ませ、有田がスルーしたのを見て《古参兵の武具師》を投下。有田も《オルドルーンの猛士》で殴りかかり、《軍の要塞、サンホーム》で二段攻撃をつけるかちょっと悩んでからつけずに 4 点ダメージ。《夜番の巡回兵/Nightguard Patrol》を出してエンド。

鍛冶は《オーラ掠りの魔道士》で攻撃して終了。返しに有田が《オルドルーンの猛士》《夜番の巡回兵》で殴りかかると、鍛冶はすかさず《緊急徴兵》《オルドルーンの猛士》を奪おうとする。有田は軽減をあらかじめ貼るか、手札の《ボロスの怒りの盾/Boros Fury-Shield》を使うかなどの選択肢を悩むが、結局何もせずにブロックするにまかせ、《オルドルーンの猛士》は死亡。戦線に《ボロスの速太刀/Boros Swiftblade》を追加する。

ここから両者ドローゴーが続くが、先に動いたのは《急使の鷹》を呼んだ鍛冶(有田「うざいー、あれうざいよー」)。さらにドローゴーが続く有田を尻目に《急使の鷹》攻撃から召集で《ヴィトゥ=ガジーの守護者/Guardian of Vitu-Ghazi》、さらに次のターンに《ヴィーアシーノの牙尾》 2 号と、どんどん戦力をためていく。

このままではジリ貧の有田は、《空騎士の軍団兵》で即攻撃し、《軍の要塞、サンホーム》でダメージを稼ぐ。

しかし、これにより White Mana 残してタップアウトしてしまったため、コンバットトリックを気にしなくていい鍛冶は《ヴィトゥ=ガジーの守護者》《急使の鷹》《オーラ掠りの魔道士》で攻撃。《ボロスの速太刀》《ヴィトゥ=ガジーの守護者》のチャンプに回され、残りライフは 8。

鍛冶はエンチャントだらけで使い物にならない《ヴィーアシーノの牙尾》 1 号を生け贄に捧げて《焦熱の結末/Fiery Conclusion》《空騎士の軍団兵》に撃つ。

有田もぎりぎりの場所で持ちこたえるべく、《炎まといの天使/Firemane Angel》を戦線に投入する。はたして間に合うか?

有田のエンドに鍛冶は《ヴィーアシーノの牙尾》《夜番の巡回兵》を打ち落とそうとするが、これは《ウォジェクの号笛/Wojek Siren》で回避。仕方なく自分のターンでもう 1 回打つと、今度はその《夜番の巡回兵》を餌に《焦熱の結末》《オーラ掠りの魔道士》に飛ぶ。いずれにせよ鍛冶は全軍攻撃で、《古参兵の武具師》《炎まといの天使》の軍門に下るものの有田の残りライフは 2。アップキープで回復してやっと 3。

有田は自分のライフをかまわず《炎まといの天使》で攻撃。11 ライフの鍛冶はいぶかしがるが、安全を考えて《急使の鷹》でチャンプ。返しで《ヴィーアシーノの牙尾》《ヴィトゥ=ガジーの守護者》が殴りかかると、実は有田は何も無く、投了で鍛冶の勝利となった。

実は前の攻撃で、鍛冶が《炎まといの天使》をスルーしていると、手札から《いかさま師の刃》が飛んで二段攻撃がつき、手札に《ボロスの怒りの盾》があるからきっちり逆転していたのだ。この辺の駆け引きは、実に見ごたえがある。

鍛冶 2 - 0 有田

Winner is 鍛冶友浩!

Tags: Report

編集