トップ «2nd Draft Pod 3:津村健志 最新 ラウンド 9: 藤本太一 vs 相澤恵司»

Lord of Magic Championships 2005


ラウンド 8: 津村健志 vs 徳田大平

Written by Satoshi Miyamoto

何処で権利を獲得しましたか? と質問したところ。


たぶんチーム戦の PTQ あたりで権利を獲得した……と思う、と語る津村健志。

どっかの GPT 新潟で知らない間に権利を獲得していた、と語る徳田大平。


権利が欲しくて血まなこになってる人もいれば、こんなラッキーで権利を獲得する人もいるんですね。

Game 1

津村健志

ダイスロールに勝った徳田が先攻を選択。

津村が《深き闇のエルフ/Elves of Deep Shadow》をプレイすれば、徳田は《火花魔道士の弟子/Sparkmage Apprentice》で素早く撃墜。そして徳田がプレイした《ヴィーアシーノの牙尾/Viashino Fangtail》《最後の喘ぎ/Last Gasp》で津村が撃墜する。

とりあえずは痛みわけ。次なる手はどうするか?

津村は《隠れ潜む密通者/Lurking Informant》でライブラリーを操作する事を選び徳田は《空騎士の軍団兵/Skyknight Legionnaire》《金切り声のグリフィン/Screeching Griffin》という飛行で攻め立てる事を選んだ。

津村のデッキには、飛行に対する回答がスペルしかない。

余談だが、ラヴニカでは緑に飛行を対処する術がコモンで 1 枚アンコモンに 2 枚しかない。いわゆる蜘蛛(飛行をもつクリーチャーをブロックできる)のは白緑のマルチカラーのアンコモン。ラヴニカでは『飛行』が強いと言われるゆえんだ。

津村が出した、みずからのデッキでの飛行に対する回答は《包囲ワーム/Siege Wurm》《腐れ蔦の外套/Moldervine Cloak》。つまり 9/9 トランプルで相手を圧殺する。

しかし、この試みは徳田の《焦熱の結末/Fiery Conclusion》に阻止されてしまう。

さらなる回答を! と必死で密通者でライブラリーを掘り進める津村だが、回答を見つける前に《感電の弧炎/Galvanic Arc》がこんがりと焼き上がってしまうのであった。

津村 0 - 1 徳田

Game 2

徳田大平

先攻を選んだ津村は 1 ターン目に《深き闇のエルフ》を出す好調なスタート。9 枚の森と 3 枚のエルフなわけだから 1 ターン目にプレイできないとダメなわけだが。

序盤から土地の伸びがよろしくないのは徳田。

「これはチャンス」と見た津村は 3 ターン目にエルフに《腐れ蔦の外套》をつけて攻撃を開始する。さらに《隠れ潜む密通者》《強迫的な研究/Compulsive Research》でみずからのライブラリーをガンガン掘り進める。津村がライブラリーを操作している隙になんとか 4 枚目の土地に到達し《年季奉公の鈍愚/Indentured Oaf》で装備品のようなエンチャントがついたエルフと相打ちする。

そこから徳田の攻勢が始まった。先のゲームでも書いたのだが津村のデッキには飛行をとめる術がない、津村としては早々に決着をつけたいところ。必死にライブラリーを操作する津村。なのだが数ターンの後、地上は徳田の《ケンタウルスの護衛兵/Centaur Safeguard》が、空にはやはり徳田の《金切り声のグリフィン》がそれぞれ制圧。

そして津村は未だ悲痛な様相でライブラリーを操作していた……。

デッキの中のクリーチャーの 1/3 がマナエルフと《密通者》である津村。津村がこのラウンドにプレイしたクリーチャーはたった 3 種類だった。マナブーストが多いということはそれだけ線が細くなるということにもなる。

津村 0 - 2 徳田

《深き闇のエルフ》 3 匹は入れすぎたかな……マナ出すのが痛すぎる」

とは、津村の呟き。

Final Result : Winner is 徳田!

Tags: Report

編集