トップ «Day 1 Standard Breakdown 最新 ラウンド 7: 射場本正巳 vs 大塚高太郎»

Lord of Magic Championships 2005


ラウンド 7: 三田村和弥 vs 中村修平

Written by Yusuke Yoshikawa

上位を狙える、でも微妙にがけっぷちの位置につける二人の巧者の対決。ドラフトを見る限り、双方ともなかなか面白いデッキに仕上がっているようだ。

色は三田村が緑白赤、中村が緑黒青。描いたデッキの理想形を実現できるのはどちらか。

Game 1

ダイスロールで中村先攻。だが、まず土地 1 枚しかなくてマリガン、6 枚になっても渋い顔。結局 5 枚からのスタートとなった。

2 枚目の土地が置けない中村に対し、三田村は《光と成す者/Transluminant》《木彫りの女人像/Carven Caryatid》と順調な立ち上がり。

中村も《森/Forest》を引き入れての《深き闇のエルフ/Elves of Deep Shadow》《護民官の道探し》で追随する。さらに《噛みつきドレイク/Snapping Drake》を出す。

だが、マナを十分に伸ばした三田村は、この邪魔な飛行クリーチャーを《戦利品狩り/Trophy Hunter》プレイから即座に撃墜。圧倒的戦力でゴリゴリと押す。

中村は虎の子の《疫病沸かし/Plague Boiler》でリセットを図るも、三田村は《圧倒/Overwhelm》《緊急徴兵/Flash Conscription》ですみやかに勝負を決めた。

三田村 1 - 0 中村

Game 2

今回も中村はマリガンスタート。

しかし先ほどとは違い、《屋根伝いのワイト/Roofstalker Wight》《護民官の道探し》で先攻し、三田村の《夜番の巡回兵/Nightguard Patrol》《暗黒破/Darkblast》で退ける。テンポのいい攻撃だ。

しかし三田村の《木彫りの女人像》がなんとも堅い。《屋根伝いのワイト》で上を飛び越えようにも《火花魔道士の弟子/Sparkmage Apprentice》がピン、と。そして始まる土地祭り。《護民官の道探し》でシャッフルしなきゃよかったの?


一方、三田村は。

ほい、《包囲ワーム/Siege Wurm》

もう一丁、《包囲ワーム》


結局どうしようもなく、中村は敗れてしまった。

三田村 2 - 0 中村


「ツイてただけ」と話す三田村。2 戦連続でツイてなかった中村。

9 手目で《緊急徴兵》が取れたり(三田村)、初手で悩んだ《ゴルガリの女王、サヴラ/Savra, Queen of the Golgari》が一周してきたり(中村)と、ドラフト中も不穏な空気が流れていたのだが、この雰囲気は二人の巧者にも影響してしまったのだろうか。

これもまた、マジック。

三田村和弥、勝利!

Final Result 三田村和弥 Wins!

Tags: Report

編集