トップ «1st Draft Pod 2:志村一郎 最新 ラウンド 5: 森勝洋 vs 斎藤友晴»

Lord of Magic Championships 2005


ラウンド 5: 鍛冶友浩 vs 中野史樹

Written by Yusuke Yoshikawa

ここで、のちほどのドラフト分析でも取り上げる、鍛冶のマッチに注目してみよう。

対するは中野史樹。プロツアー出場経験もあるリミテッド巧者で、相手にとってまったく不足はない。

さて、二人の強豪はどんなデッキをどのように操ってみせるのだろうか。

Game 1

鍛冶友浩

鍛冶はダイスロールで勝った後、ちょっと悩んで先攻。

立ち上がりは中野の《光と成す者/Transluminant》に対し《護民官の道探し/Civic Wayfinder》と互角。その後も《議事会の密集軍/Conclave Phalanx》には《大いなる苔犬/Greater Mossdog》《占い棒使いのシャーマン/Dowsing Shaman》には《虚無魔道士の番人/Nullmage Shepherd》と、どちらも譲らない。

しかし鍛冶はこの《虚無魔道士の番人》《信仰の足枷/Faith's Fetters》で黙らせると、続く《ヴィトゥ=ガジーの守護者/Guardian of Vitu-Ghazi》の隙に、《花粉光の羽/Pollenbright Wings》《護民官の道探し》につけて攻撃を開始する。

中野が《戦利品狩り/Trophy Hunter》と 2 体目の《ヴィトゥ=ガジーの守護者》で対抗すれば、ここで鍛冶は値千金の《腐れ蔦の外套/Moldervine Cloak》をドロー、5 点のダメージを与えるとともに 5 体のトークンを得る。

これで場は磐石かと思われたが、中野は《ヴィトゥ=ガジーの守護者》 2 体で攻撃。これを鍛冶が《護民官の道探し》《議事会の密集軍》とトークンの群れでさばこうとするが、ここに《ゴルゴンの凝視/Gaze of the Gorgon》。防衛軍を一掃されてしまう。

さらに悪いことに、頼みの 5/5 飛行でトークン製造係の《護民官の道探し》まで、《光と成す者》から化けたトークン+《力の種/Seeds of Strength》《かき集める勇気/Gather Courage》で撃墜されてしまう。あれだけ隆盛を誇っていた軍勢が、今は《占い棒使いのシャーマン》がひとりぽつんと。

しかしこの《占い棒使いのシャーマン》が軍勢を盛り返す。

自身の 3/4 というサイズで攻撃を《ヴィトゥ=ガジーの守護者》のみに押しとどめると、《ゴルガリの墓トロール/Golgari Grave-Troll》(カウンター 3 個)に回収した《腐れ蔦の外套》をつけて大物を再作成。さらには、《花粉光の羽》も回収して待ち構えている。

中野もこのまま譲るわけにはいかない。何しろ《ヴィトゥ=ガジーの守護者》が 2 体いるのだ、そうそう突破されるわけにもいかない。

だがここで鍛冶の側に《ウルサパイン/Ursapine》が登場。ちょっとこける中野。

攻勢を取り戻した鍛冶はカウンター 2 個+《腐れ蔦の外套》《ゴルガリの墓トロール》で攻撃。そのままゴリゴリ押して《ヴィトゥ=ガジーの守護者》 2 体を突破すると、勝ちをものにした。

鍛冶 1 - 0 中野

Game 2

中野が 1 マリガンながら、《セレズニアの福音者/Selesnya Evangel》《鉄の樹の拳/Fists of Ironwood》と序盤からトークン大増産体制。

対して鍛冶は、……第 3 ターンからディスカード大増産体制。

《ヴィトゥ=ガジーの守護者》を見て、あっさりとカードを片付けた。

鍛冶 1 - 1 中野

Game 3

中野史樹

今回も《光と成す者》発進の中野に対し、鍛冶は続く《護民官の道探し》《巻き込み/Convolute》する立ち上がり。みずからの《護民官の道探し》を第 4 ターンに送ると、これが《光と成す者》と相打ちしたのち《ウルサパイン》

中野も《セレズニアの鋭射手/Selesnya Sagittars》で対抗するが、鍛冶は《ウルサパイン》の能力で押しつつ《ヴィダルケンの放逐者/Vedalken Dismisser》でこれをいったん退ける。

中野も負けてはおらず、《鉄の樹の拳》で頭数を増やしたのち《ヴィトゥ=ガジーの守護者》で地上を固める。先ほど見た《力の種》《かき集める勇気》を考えれば、《ウルサパイン》もおいそれとは攻撃に向かえない。

さらに、《光と成す者》をトークンを変えた後現れたのは《這い集め虫/Gleancrawler》

プレリリースカードともなったこの混成カードは、《光と成す者》とのシナジーで毎ターン飛行クリーチャーを生成することができる。それはたかが 1/1 ながら、《空想の飛行/Flight of Fancy》《花粉光の羽》で軸線をずらして戦いたい鍛冶にとっては悩みの種だ。

だが鍛冶も《セレズニアの福音者》《エルフの空掃き/Elvish Skysweeper》でこちらも毎ターン飛行クリーチャーを除去できる陣容を作り上げ、差が広がるのを防いでいく。しかしドローに土地が多いのが今回 2 つ目の悩みの種。

《禿鷹ゾンビ/Vulturous Zombie》も追加してしばらく押すことができた中野だが、この辺りから土地ゾーンを抜けた鍛冶に《噛みつきドレイク/Snapping Drake》《鐘塔のスフィンクス/Belltower Sphinx》と飛行クリーチャーが入り始める。そして《這い集め虫》の目を盗んで、相手の終了フェイズや自分のターンに飛行クリーチャーを始末していく。

一度は《ゴルゴンの凝視》にかわされるものの、鍛冶はついに《セレズニアの鋭射手》を突破。さらに中野は《這い集め虫》の能力を勘違いしていて、《セレズニアの鋭射手》はもう戻ってくることがない。

鍛冶は豊富なマナを活かし、唯一の飛行クリーチャーであるトークンを《エルフの空掃き》で弾き飛ばすと、《ウルサパイン》効果で一気に 11 点のライフを削りきった。

鍛冶 2 - 1 中野

KJ wins!

Tags: Report

編集