トップ «ラウンド 3: 小室修 vs 三田村和弥 最新 1st Draft Pod 2:志村一郎»

Lord of Magic Championships 2005


ラウンド 4: 岡田渉 vs 石村信太朗

Written by Yoshiya Shindo

岡田も石村も、ともに昨年のファイナルズでトップ 8 に残ったプレイヤー。ここまでの成績は互いにもう一つ芳しくないものの、ドラフトをきっかけに再上昇を狙いたいところ。デッキは岡田のディミーアに石村がボロス。共に飛行に長けているデッキのようだ。

Game 1

石村信太朗

先攻は岡田で、2 ターン目に《検分するスプライト/Surveilling Sprite》が出るところからスタート。一方の石村は、後手 2 ターン目に《ボロスの駐屯地/Boros Garrison》でディスカードという、この環境でありがちな光景から始まってみる。

岡田が 3 ターン目に《航海者の杖/Voyager Staff》を出せば、石村は返しで《雷楽のラッパ吹き/Thundersong Trumpeter》を出して牽制する。

そして次の岡田の土地が《島》。実はこれで 4 ターン続けて《島》が来ている。

岡田「青単、勘弁してください。もう一色くださいよぉ。やれることが無くなってしまいます」

とか言いつつも、きっちり手札から《噛みつきドレイク/Snapping Drake》が出てきて攻勢は万全。

一方の石村は純粋に土地が止まる。あるのは 3 マナだけで、何も出せずにゴー。岡田の《噛みつきドレイク》《雷楽のラッパ吹き》で押さえるも、上空から《検分するスプライト》がちまちまダメージ。

このまま互いに欲しい土地の来ない展開が 1 ターン続くが、次に岡田が出した《皺だらけの密告者/Wizened Snitches》が運命を分ける。石村のライブラリートップが山だったのに対し、岡田のトップはなんと《叫び回るバンシー/Keening Banshee》《沼》の無い岡田はベストの引きでも 2 ターンは出ない。

石村の《空騎士の軍団兵/Skyknight Legionnaire》による攻撃を岡田が《検分するスプライト》でチャンプすると、次のトップが《沼》でちょっとほっとする岡田。石村は戦線に《ヴィーアシーノの牙尾/Viashino Fangtail》を追加するが、これは次のターンに《ヴィダルケンの放逐者/Vedalken Dismisser》が出て一回休み。ふたたびドローして出すと今度は《腹わた抜き/Disembowel》

石村の土地はあいかわらず伸びず、3 枚で 4 マナのまま。《空騎士の軍団兵》で攻撃してライフを 16 に下げ、さらに《ケンタウルスの護衛兵/Centaur Safeguard》《戦松明のゴブリン/War-Torch Goblin》を投入する。

そしてついに岡田に《沼》が 2 枚そろう。ここぞとばかりに《叫び回るバンシー》《雷楽のラッパ吹き》を除去し、《皺だらけの密告者》で殴ってライフは 12。

石村にはまだ土地は来ないが、召集をフル活用して《議事会の乗馬兵/Conclave Equenaut》を召喚。土地が出ないなりに頑張ってるなぁと。

相手が大きくて殴れない岡田は《屋根伝いのワイト/Roofstalker Wight》を出してゴー。石村にはまだ土地が来ないが、相手のどことでも相打ちの取れる《戦松明のゴブリン》で殴ってみる。損な交換になる岡田はスルーして 15 ライフ。石村は 2 体目の《ヴィーアシーノの牙尾》を出すが、これは《航海者の杖》に乗った《ヴィダルケンの放逐者》でライブラリーに戻した上で、次のターンに《不可思の一瞥/Glimpse the Unthinkable》。しかし、石村もライブラリーは大量に削られたが次が土地でちょっと安心してみる。

石村は土地から《空騎士の軍団兵》を出して総攻撃。岡田はブロックするも、《照らす光/Bathe in Light》でプロテクションが飛び、残ったのは石村の《議事会の乗馬兵》《空騎士の軍団兵》 2 体に対し、岡田は《噛みつきドレイク》《皺だらけの密告者》。苦しくなってきた。

ここで岡田は相手のライブラリートップの《野良剣歯猫/Sabertooth Alley Cat》を見ながら長考に入るが、結局《ディミーアの浸透者/Dimir Infiltrator》を変成して《現実からの剥離/Peel from Reality》を確保することを選ぶ。するとシャフルしたライブラリーの一番上は《立ち退きの印/Mark of Eviction》。まだ粘れそうだ。

と思ったら、相手の次のトップはなんと 3 体目の《ヴィーアシーノの牙尾》! すっかり萎える岡田。

岡田は必死で《立ち退きの印》で耐えるも、バウンスだけでは時間しか稼げない。《噛みつきドレイク》のダメージスタックで《現実からの剥離》とかで懸命にしのぐも、石村の《いかさま師の刃/Grifter's Blade》《ヴィーアシーノの牙尾》でついにギブアップ。

石村 1 - 0 岡田

岡田はサイドから《当惑/Perplex》を入れようかどうしようか悩む。「抜くもの無いから土地抜くぞー!」とか言ってるし。一方の石村はノーチェンジ。

Game 2

岡田渉

両者初手をキープ。ふたたび《検分するスプライト》からゲームが動き出す。しかし今度は石村の土地も順調で、3 ターン目にはきっちり《空騎士の軍団兵》が出てきてパンチ。岡田はここでも《皺だらけの密告者》でトップを公開する。岡田は《現実からの剥離》。石村は《山》

そして石村がその《山》を引くと、その下がまた《山》。4 マナで手札から《炎の血族の盲信者/Flame-Kin Zealot》を出して総攻撃。《検分するスプライト》がチャンプすると次のトップが《腹わた抜き》で、石村思わず「おー」

手札がもう一つの岡田は、すでに飛んでいる《皺だらけの密告者》《空想の飛行/Flight of Fancy》をつけてカードを引く。一方の石村が《感電の弧炎/Galvanic Arc》《皺だらけの密告者》を撃ち落とし、さらに《議事会の乗馬兵》を召集すると、岡田も負けじと《立ち退きの印》《議事会の乗馬兵》につけ、《感電の弧炎》のついた《空騎士の軍団兵》《腹わた抜き》

しかし、岡田の求めるものはこんな状況ではないらしい。嘆きの声が思わず口から漏れる。「 2 枚目の《島》こねー!」

防御に《鐘塔のスフィンクス/Belltower Sphinx》を出すが、石村はきっちり《信仰の足枷/Faith's Fetters》をつけて総攻撃。残りライフは 6。

Island

岡田も粘る。《叫び回るバンシー》《炎の血族の盲信者》を除去し、その《叫び回るバンシー》に自分の《立ち退きの印》をつける。これで毎ターン -2/-2 の飛ばせる殺人マシンの完成だ。本当なら《鐘塔のスフィンクス》につけたいとことなのだが、《信仰の足枷》まで戻ってしまうのでは意味が無い。

石村はあわてず《議事会の乗馬兵》を素で出し、さらに次のターンに《空騎士の軍団兵》を出して総攻撃。岡田は《現実からの剥離》《鐘塔のスフィンクス》《議事会の乗馬兵》を戻し、2 点通して残りは 4 ライフ。

その後、《叫び回るバンシー》をチャンプに回しつつ、《立ち退きの印》《鐘塔のスフィンクス》でなんとか粘ろうとする岡田だが、《議事会の乗馬兵》《いかさま師の刃》がつき、さらに《照らす光》でプロテクション(青)がついて攻撃素通し。きっちり 4 点が刺さって万事休す。

岡田の手札には、必殺ともいえる《追われる足跡/Followed Footsteps》が眠っていたが、いかんせん 2 枚目の土地が来なくてはどうにもならず。岡田にとっては最後まで土地の噛み合わないマッチだった。

石村 2 - 0 岡田

Winner is 石村信太朗 !

Tags: Report

編集