トップ «ギルドの都の歩き方 最新 ラウンド 4: 岡田渉 vs 石村信太朗»

Lord of Magic Championships 2005


ラウンド 3: 小室修 vs 三田村和弥

Written by Yusuke Yoshikawa

「スタン1回もやってない」と小室。

「スタンなんて今の時期誰もやってないでしょ」と三田村。

ちょっとそれは言いすぎ?

それでもこのパフォーマンスを見せるのが彼らなのだ。

Game 1

小室修

ダイスロールで三田村先攻。じっくりと考えてキープを宣言。

ゲームは「けちコン」同士のほぼミラーといえるマッチアップである。序盤は淡々と進むが、《師範の占い独楽/Sensei's Divining Top》がある分、小室が順調と見るべきか。だがそれも、土地の伸びが甘い分、帳消しとなる。

ゲームが動いたのは、三田村の《夜の星、黒瘴/Kokusho, the Evening Star》。これに対し小室は《けちな贈り物/Gifts Ungiven》《魂無き蘇生/Soulless Revival》《死の否定/Death Denied》《花の神/Hana Kami》の基本セットと《霊光の追跡者/Ghost-Lit Stalker》を提示した。三田村は《魂無き蘇生》《死の否定》を手札に。

《夜の星、黒瘴》は対消滅するが、フルタップの小室に《夜陰明神/Myojin of Night's Reach》が襲い掛かる。《不快な群れ/Sickening Shoal》で合わせはするものの、続いて来る《夜の星、黒瘴》 2 枚目が厳しい。

しかし、小室も《安息の無い墓、スヴォグトース/Svogthos, the Restless Tomb》《不快な群れ》を使わせてから、引いてきた《曇り鏡のメロク/Meloku the Clouded Mirror》で粘る。さらには《夜の星、黒瘴》も 2 回目の対消滅で逆転かと思われたが、《曇り鏡のメロク》《御霊の復讐/Goryo's Vengeance》からの奇襲ブロックで失われる。

場には再び静穏が訪れた。

しかしそれもつかの間のこと、場は再び大きく揺れ動く。

三田村は、引き当てた《死の否定》《夜陰明神》《夜の星、黒瘴》を回収し、再び小室の手札を攻める。小室も《師範の占い独楽》から《不快な群れ》を発見して再度の粘りを見せるが、ここまで。

結局《死の否定》が決め手となって、三田村が第 1 ゲームを獲得。

小室 0 - 1 三田村

Game 2

序盤はマナ基盤の伸ばしあい、淡々と進む。先に《けちな贈り物》を放ったのは三田村だったが、これは新たな対抗策《疑念の影/Shadow of Doubt》であしらう小室。

翻って三田村はフルタップの《曇り鏡のメロク》を送り込む。対抗策として小室は《けちな贈り物》で「 3 点セット」と《初めて苦しんだもの、影麻呂/Kagemaro, First to Suffer》を提示し、今度は《初めて苦しんだもの、影麻呂》《花の神》が手札に送られた。

三田村和弥

小室の手には《不快な群れ》もあったが、《師範の占い独楽》を置くだけでターンを返す。《曇り鏡のメロク》の処理を焦らない構えだ。

しかし三田村は《曇り鏡のメロク》攻撃から 7 マナで《霊光の追跡者》魂力= 4 枚捨てで攻めの姿勢を崩さない。小室は《花の神》を残し、《不快な群れ》《御霊の復讐》《初めて苦しんだもの、影麻呂》《鬼の下僕、墨目/Ink-Eyes, Servant of Oni》といった強力カードを墓地に置いた。

そして返しのターンには《夜陰明神》を場に送り、同じく手札を攻め立てる。三田村の捨てた手札も《御霊の復讐》《死の否定》と濃い内容。

だが双方《師範の占い独楽》があるだけに回復が早い。小室が残した《花の神》から《死の否定》《初めて苦しんだもの、影麻呂》《花の神》《鬼の下僕、墨目》を回収すれば、三田村も《けちな贈り物》《夜の星、黒瘴》《初めて苦しんだもの、影麻呂》を入手、小室もついに《曇り鏡のメロク》《初めて苦しんだもの、影麻呂》で流す。この辺りの我慢のバランス感覚はさすがというべきか。

いつしか、双方のプレイヤーは場の再構築に戻っている。だが時計だけは刻々と進んでいる。《花の神》《死の否定》《花の神》というお決まりのコースをたどりつつ、急ぐ小室。

タイムアップのコールがかかったころ、三田村がついに動き出す。《御霊の復讐》《夜の星、黒瘴》を拾い上げて攻撃した後、これを《鬼の下僕、墨目》に化けさせる。

もちろん、これは小室の《花の神》と墓地の《不快な群れ》を考えれば決め手にはなりえないのだが、それは双方承知済み。それでも、ここで攻めて対処を迫ることが自分の身を守ることにつながるというわけだ。

小室は散々悩んだ挙句、《夜の星、黒瘴》をコストとして注文通りにこれを撃退。

小室は延長第 1 ターンに《夜陰明神》で手札を刈り取り、第 3 ターンには《安息の無い墓、スヴォグトース》から《鬼の下僕、墨目》で最後の抵抗を試みるも、三田村は《師範の占い独楽》から《化膿/Putrefy》でさばききって、難しいミラーマッチをものにした。

Draw Game

「ディフェンディング・チャンプ」三田村和弥、3 連勝!

Final Result 三田村 Wins!

Tags: Report

編集